個人情報漏洩の可能性に関するお詫びとお知らせ

                              2022年7月27日

株式会社WISHシステムコンサルティング
代表取締役 桑村英利

個人情報漏洩の可能性に関するお詫びとお知らせ

 このたび、弊社におきまして、社員の個人情報が格納されている顔認証サーマルデバイスを紛失する事態が発生しました。
 顔認証サーマルデバイスに登録されていた社員及び退職者の皆様には、このような事態を招くこととなり、ご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び致します。
 今後、このような事態を招くことがないよう取扱いに細心の注意を払い、再発防止を徹底してまいります。
 また、遺失した顔認証サーマルデバイスの捜索を最優先に進めておりましたことから、本件のお知らせが遅延いたしましたことを重ねてお詫び申し上げます。

1.経緯
 7月1日、参加していた展示会「自治体・公共Week 2022」(場所:東京ビッグサイト)終了後、使用した顔認証サーマルデバイス等を関係社員にて段ボール箱に梱包し宅急便業者に発送を依頼しました。
 7月6日に鹿児島本社にて荷受け後、段ボール箱を開梱し機器の確認を行った際に顔認証サーマルデバイスがないことが判明しました。宅急便業者及び東京ビッグサイトへの問合せ、警察への遺失届出、その他開梱時の再確認を行いましたが、顔認証サーマルデバイスの発見には至っておりません。
 本件に起因する二次的被害(格納情報の流用・拡散被害等)の報告は、現時点では受けておりませんが、確認調査は継続的に行っていく所存です。
 なお、本件につきましては、関係機関への報告を行っております。

2.紛失した個人情報
 紛失した顔認証サーマルデバイス内には、2022年4月時点の社員(86名)及び2020年11月以降に退職された方(31名)の合計117名の社員番号・氏名・顔の画像が格納(暗証番号付)されております。

3.事故の原因と対策
 弊社では、プライバシーマーク及び情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証を取得しており、個人情報の取扱いについては規程やルールを設けて全社レベルで運用してきましたが、本件はそのルールや運用面に不十分な点があったこと、また、当該関係社員の情報セキュリティへの意識の低さが招いた結果と深く反省しております。
 個人情報の本人へ事実関係を連絡すると共に、再発防止策としまして、弊社の情報セキュリティ委員会との連携の下、情報管理と運用に関する規程やルールの見直しを行い、社員への情報セキュリティ教育を徹底してまいります。

4.本件に関するお問い合わせ窓口
  株式会社WISHシステムコンサルティング 総務部
  TEL 099-219-7623(平日 9:00〜18:00)

前の記事

採用情報_マイナビ